■始まりの終わりに終わりの始まり■

管理人:エミージャ
過去日記
2016/02/23(火) まさに始まりの終わり? 終わりの始まり? いえ、終わりの終わりです

 ニフティから『@homepage(アット・ホームページ)』、つまりここのサイトのサービス提供を今年9月で終了すると連絡が来た。ネットプロバイダーが提供するホームページのサービスなんぞとっくの昔に終焉を迎えていたとはいえ、こうしてあらためてサービス終了の事実を知らされるとまたひとつの時代が終わったのだなと感慨深い。もっとも完全に終了するわけではなく、ココログとか他のサービスと一本化するようで機能制限はあるものの、移行先もちゃんと用意されているらしい。

 自分も同じニフティが提供するラクーカンのサイト http://emijah.life.coocan.jp/ を持っているのでそっちに移せばいいかと思いながら久しぶりにログインしてみたら、そちらもいつの間にやら機能のバージョンアップが行われていたようで旧バージョンの提供終了日がなんと昨日だった(なんてタイミングの悪い)。慌ててデータベースから作り直してデータを入れ込んだけど、新バージョンでは文字コードの設定方法が変わったみたいでデータベースの中身もサイトの表示も日本語が文字化け状態。

 あーそういや初めて作った時も文字コードの設定に悪戦苦闘して無理くり組み込んだなと、その時の苦労が思い出されて気が重い。ここの移行もリンクの変更やその確認作業が地味に大変そうだし。まあ、そのちまちました作業自体は嫌いじゃないのだけど、今年の9月までにその時間がどれだけ取れるのかと、今の更新頻度を考えてもこのままフェードアウトが最もあり得る選択肢か…。

2015/03/10(火) PS4より魅力的かも

 某ゲーム実況生主経由で知った、1台で11種類のゲーム機用ソフトに対応するというレトロゲーム互換機「レトロフリーク」。もう数年コンシューマ機の電源すら入れていない自分が飛びつくようなニュースでもないのだけど、PCエンジン版の「ラストハルマゲドン」を紹介している放送を見て、うわっ、ひと月くらい有休でも取ってやりこみてぇって衝動に駆られたし、他のゲーム実況の放送を見ていてもスーファミのゲームとか今でもプレイしてみたいと思うものがあるから、1台で済んでしまうってのは魅力ではある。何よりこの手のごった煮互換機では除け者にされることの多いPCエンジンが対応しているのが嬉しい。てか、専用ソフトが5本しかないスパグラまで対応しているってのがネタにしか思えないというか、力を入れるところが激しく間違っているというか、このせいで価格が割高になっていたりしたら笑えない冗談ではあるが。まあ、あとは本当に大方のソフトでちゃんと動作するのかと、価格次第だね。

 ところで、先週のSHIROBAKO 21話のサブタイは自分的には「クオリティを人質にすんな」ではなく「ちゃんとコミュニケーション取ってください」だった。そう置き換えると、実に耳が痛い…。平岡の仕事に対する姿勢や態度は確かに問題外だけど、一番まずいのはコミュニケーションをすっ飛ばしているところというか、諦めていることかなと。コミュニケーションを取る気さえあればわりかし何とかなるというのがタローで、(瀬川さんの言うとおり、タローも及第点ではないが)平岡とタローが対比になっているのが面白い。1クール目では仕事が適当なタローと、真面目すぎて視野が狭くなってた絵麻が対比になっていたのを、今度は真面目すぎて絶望したらしい平岡と真逆なタローをってのがほんと上手いと思う。前の回での円さんとの見解の相違とか、まさに自分がアニメの制作進行に抱いていたイメージそのものだったし、実際の制作進行さんたちの平岡に対するわりと肯定的な反応を見ても平岡は現実的なキャラなんだろうなと思うに、理想(みゃーもり)と現実をも取り込んでここまで面白い話になっているSHIROBAKO最高の一言に尽きると。綺麗事かもしれないが、何事もばっさり切り捨てず、肯定的に捉える作風が好きだ。